軽貨物は「生活できない」と言われる5つの理由!稼ぐコツも併せて解説!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

軽貨物ドライバーは「生活できない」と言われがちですが、本当にそうなのでしょうか?確かに荷物単価の安さや経費の重さなど、収入面での課題は少なくありません。しかし、工夫次第では充分に稼げる可能性があるのも事実です。本記事では、軽貨物ドライバーの等身大の収入事情と生活実態に迫りつつ、安定した収入を得るためのコツを詳しく解説します。

この記事を読んだらわかること
  • 軽貨物ドライバーが生活できない理由
  • 軽貨物で安定収入を得るための具体策
  • 軽貨物ドライバーに必要な資質・適性
  • 軽貨物以外のドライバー職の選択肢
  • ドライバーとしてステップアップするためのキャリアパス

【就職・転職をお考えの方へ】

  • もっと給料を上げたい
  • 残業時間が多くて体力的にきつい
  • ホワイト企業に転職したい
  • もっとプライベートを充実させたい

プロドラ編集部が最もおススメする、ホワイト企業で高年収を目指したい人に"絶対"に利用して欲しいドライバー専門転職サイト!

運転ドットコムでしか取り扱いのない好条件の求人が多く、年収アップも目指せます!未経験歓迎の求人も多数あるので、異業種からの転職にもおススメ!

軽貨物が「生活できない」と言われる5つの理由

1. 荷物単価の安さ

軽貨物ドライバーが受け取る荷物1個あたりの配達単価は、相場で130円〜200円程度です。
単価が高めの会社だと200円前後で設定されていますが、100円ちょっとという業者も少なくありません。

ドライバーの1日の平均配達数は100〜150個程度なので、単価130円だと日当は13,000円〜19,500円ほど。
200円でも20,000〜30,000円程度にとどまります。

しかも、この売上からガソリン代や車両費用などの経費を差し引くと、手元に残るお金はさらに少なくなります。
荷物の単価設定が安すぎるため、いくら頑張って配達量をこなしてもなかなか収入が増えない現状があるのです。

2. 経費の多さと手取りの少なさ

上述の通り、軽貨物ドライバーの売上からは、車両リース料や燃料代、車検費用、保険料など、様々な経費が差し引かれます。
中でも車両に関する出費の割合が非常に大きいのが特徴です。

軽貨物の場合、会社から配達用の軽バンをリースするのが一般的。
リース料は通常月4〜5万円ほどかかり、燃料代を合わせると毎月10万円近くが固定出費として発生します。

さらに、売上の1〜2割程度を委託会社に支払う「ロイヤリティ」というシステムを採用している業者も少なくありません。
売上から経費やロイヤリティを差し引くと、ドライバーの手取りは想像以上に少なくなるのが実情なのです。

3. 案件の不安定さ

軽貨物の仕事には、スポット的な単発案件や、突発的に入る臨時案件も多く含まれます。
その日暮らし的な案件ばかりだと、先の収入が全く読めず、生活設計が立てづらいというデメリットがあります。

また、案件が途切れてしまうと、収入が完全にストップしてしまうリスクもあります。
新しい案件が入るまでの間、収入が完全にゼロになる可能性もゼロではありません。

軽貨物は預かり知らせの仕事なので、どうしても収入の波が大きくなりがち。
不安定な状況に心が耐えられず、精神的に追い詰められてしまうドライバーも少なくないのです。

4. 仕事のきつさとストレスの高さ

軽貨物ドライバーの仕事はかなりの重労働です。
1日の労働時間は軽く10時間を超えますし、休憩らしい休憩もなく走り回るのが常態化しています。

荷物の積み下ろしも基本的に手作業。
それも大小さまざまな大きさ・重さの荷物を何百個も運ぶわけですから、肉体的な負担は相当なもの。
腰痛や肩こりに悩まされるベテランドライバーは珍しくありません。

それだけ頑張って働いても、配達ペースが上がらず思うように収入が増えないことも多く、精神的にもかなりのストレスがかかります。
会社からノルマを課されるケースもあり、それが達成できないとペナルティを科されるなど、心身共に追い詰められる状況に陥りがちです。

過酷な労働環境の割に見返りが少ないことが、軽貨物ドライバーの「生活できない」問題に拍車をかけているのです。

5. 悪質な委託会社の存在

軽貨物業界には優良な会社がある一方で、ドライバーを食い物にするような悪質業者も少なからず存在します。

ドライバーに不利な契約条件を一方的に押し付けたり、売上からの天引き経費を不当に水増ししたりするのはまだマシな方。
明らかに法外な違約金やペナルティを設定していたり、「荷物を紛失したら弁償」など、ドライバー泣かせの誓約書にサインさせる悪徳業者もいるのです。

「誰でも楽に稼げる」と甘い謳い文句で釣っておきながら、実際に契約してみたらドライバーから搾取する事しか考えていない、そんなブラック企業が業界の健全化を妨げている面は否めません。

軽貨物ドライバーを目指す人は、良し悪しをしっかり見極め、優良な委託会社と契約を結ぶことが何より重要だと言えるでしょう。

軽貨物で稼ぐための5つのコツ

1. 良質な案件を選ぶ

生活できないリスクを避けるには、まず良質な案件を選ぶことが重要です。
軽貨物の仕事でおすすめなのが、Amazonの専属配送案件です。

Amazonが認定した優良委託会社の案件の場合、日給保証があるのが魅力
2万円前後の高日給を得られるケースも多く、安定収入を確保しやすい環境が整っています。

また、Amazonの仕事は配達量も多いので、効率的に配送することで高収入を目指すこともできるでしょう。
単発の仕事に頼るよりも、信頼できる大手の案件を選ぶことが安定した収入につながります。

2. 効率を重視した働き方を心がける

どんなに良質な案件でも、非効率な働き方をしていては稼げる額には限りがあります。
軽貨物ドライバーが高収入を得るためには、効率重視の働き方を徹底することが欠かせません。

具体的には、配達エリアの地理や渋滞状況を把握し、最短ルートを組むのがポイントです。
1日の配達スケジュールは下調べした上で事前に綿密に立て、無駄のない運行を心がけましょう。

また、配達先が固まっているエリアを集中的に担当するなど、移動時間の短縮にも気を配ることが重要です。
限られた時間の中で、いかに多くの荷物を届けられるかが収入アップの鍵を握ります。

3. 経費節約を徹底する

売上アップと同じくらい重要なのが、経費の節約です。
軽貨物ドライバーの懐を直撃するのが車両費。長期的に見れば、リースではなく中古車の購入がおすすめです。

ガソリン代の削減も課題の一つ。燃費性能の高い車種を選んだり、エコドライブを実践したりと、できる節約は徹底したいところ。
無駄な出費を抑えることが、ドライバーの手取りアップに直結します。

また、委託会社に支払うロイヤリティや、ペナルティの設定が高すぎる場合は、交渉して下げてもらうことも一案。
経費の中身を見直し、引き下げられるものは遠慮なく引き下げを要求しましょう。

4. スキルアップを怠らない

配達効率を上げるには、ドライバーとしてのスキルアップも重要です。
ベテランドライバーの働きぶりを観察し、効率的な配達ルートの組み方、荷物の取り扱い方など、コツを盗むことが大切。

配達する商品の知識を深め、店舗スタッフや顧客からの質問に答えられるようになるのもポイントです。
接客スキルが上がれば、「また来てほしい」とリピーターになってもらえる確率も高まるでしょう。

日々の配達の中で学び、経験を積み重ねることが、ドライバーのレベルアップとひいては収入アップにつながります。
スキルアップを怠らず、継続的に成長することが安定した高収入への近道だと言えます。

5. 副業や複業で収入の柱を増やす

軽貨物ドライバーが生活しやすくなるには、収入源を複数確保することも有効です。
案件切れのリスクを考えると、軽貨物だけに頼るのは少々心もとない。

かといって本業とのバランスを考えると、あまり時間のかかる副業は難しいもの。
そこでおすすめなのが、隙間時間で取り組める比較的負担の少ない副業です。

例えば、日中の配達の合間にウーバーイーツなどのデリバリーをこなす、といった形です。
本業の軽貨物が忙しい時は休み、暇な時に集中的に副業をする、といった働き方もアリでしょう。

軽貨物一本で収入を得るよりも、副業と組み合わせることで収入ダウンのリスクを防げます。
すべてを軽貨物に頼るのではなく副収入も確保する。それがドライバーとして生活を安定させる上で重要なのです。

軽貨物ドライバーに向いている人の特徴

体力があり長時間運転できる

軽貨物ドライバーに求められるのは何よりもまず体力です。
1日の運転時間は軽く10時間を超えることが当たり前の世界
連日ハードなスケジュールをこなし続けるには、強靭な体力は欠かせません。

また、荷物の積み下ろし作業も基本的に手作業なので、重いものを運ぶ力も必要不可欠
特に繁忙期などは想像以上に厳しい肉体労働を強いられるため、ある程度の筋力は備えておきたいところです。

運転、積み下ろし、長時間労働とストレスのかかる仕事だからこそ、体力には自信が持てる人に向いていると言えます。
知識やスキルよりも体力が物を言うのが軽貨物ドライバーの仕事だと言っても過言ではないでしょう。

細かい作業や段取りが得意

軽貨物ドライバーの仕事は、運転以外にも荷物の仕分けや伝票処理など、地味な作業が非常に多いのが特徴です。
アナログな手作業が多いため、几帳面さと正確性が求められます。

また、効率的に配達するためには、段取り力が重要です。
配達ルートの組み立て方、スケジュール管理、トラブル対応など、状況判断力が問われる場面が多々あります。

軽貨物ドライバーに向いているのは、細かい作業を丁寧にこなせる器用さと、しっかりした段取り力を兼ね備えた人だと言えるでしょう。
いくら運転が得意でも、それ以外の作業が苦手だと続けるのは難しい仕事だと覚えておきましょう。

コミュニケーション能力が高い

軽貨物ドライバーは、配達先の店舗スタッフや一般の顧客と接する機会が非常に多い仕事です。
ニコニコ挨拶を欠かさず、明るく丁寧に応対できるコミュニケーション能力の高さが求められます。

時には荷物の破損や遅配など、クレームに対処しなければならない場面もあります。
お客様の立場に立って真摯に対応できる姿勢があるかどうかも、軽貨物ドライバーに必要な資質の一つです。

「人見知りする」「愛想笑いが苦手」といったタイプの人は、正直軽貨物ドライバーには向いていません。
様々な人とうまくコミュニケーションを取れる能力が、良好な関係構築とリピーター獲得の鍵を握ります。

臨機応変に対応できる知恵と経験がある

軽貨物ドライバーがハードな仕事である理由の一つが、突発的なトラブルの多さです。
事故や故障、渋滞や天候不良など、スケジュール通りに配達できない事態は日常茶飯事。
そんな中でもお客様に迷惑をかけず、臨機応変に対応できる知恵と経験が求められます。

マニュアル通りの仕事ではないだけに、状況判断力を発揮して柔軟に対処する力が重要。
慌てず騒がず、最善の方法を冷静に選択・実行できることが大切だと言えます。

また、トラブルに備えた事前の準備、ルート選定やスケジュール管理の工夫など、経験から得た知恵が物を言います。
先を見越して行動できるかどうかが、ドライバーの真価が問われるポイントだと覚えておきましょう。

規則正しい生活が送れる

軽貨物ドライバーの仕事は早朝からスタートするのが一般的。
夜型の生活を送っていると、始業に間に合わないケースも出てきます。

配達の安全性を考えても、夜更かしは御法度。
運転ミスや交通事故を未然に防ぐためにも、規則正しい生活習慣を身につける必要があるでしょう。

「朝が苦手」「夜型の生活リズムが抜けない」といったタイプの人には、正直軽貨物ドライバーは向いていません。
仕事に支障が出ないよう、健康的な生活を心がけられるかどうかが大切なのです。

【就職・転職をお考えの方へ】

  • もっと給料を上げたい
  • 残業時間が多くて体力的にきつい
  • ホワイト企業に転職したい
  • もっとプライベートを充実させたい

運送・ドライバー専門の転職サイト「プロドラ」なら希望に合う求人を見つけられる!


\1分で希望条件を入力!/

軽貨物以外のおすすめドライバー職

バス運転手

路線バスやシャトルバスなど、人を運ぶバス運転手も軽貨物以外のドライバー職として人気です。
軽貨物に比べると運転がメインの仕事なので、荷物の積み下ろしなどの重労働からは解放されるメリットがあります。

また、バス会社に正社員として雇用されるケースが多いため、安定した収入と待遇面の充実度は軽貨物よりも上でしょう。
二種免許の取得が必要にはなりますが、腰を据えて長く働きたい人にはおすすめの職種だと言えます。

下記の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

バス運転手 年収1000万円 【バス運転手必見】年収1000万円を実現する3つの戦略を解説

トラック運転手

中・長距離輸送を担当する大型トラックの運転手も、ステップアップの選択肢の一つです。
トラックの運転は軽貨物よりもさらに高度な運転スキルが求められますが、その分稼げる金額も大きくなります。

特に長距離輸送の場合は、泊まりがけでの運行となるため、日当たりの報酬額は非常に高くなる傾向があります。
大型免許を取得してスキルアップを図れば、収入面で大きな飛躍が望めるでしょう。

タクシー運転手

二種免許さえ取得すれば未経験でも就職しやすいのが、タクシー運転手の仕事です。
軽貨物よりも接客の要素が強いため、コミュニケーション能力が物を言う職種だと言えます。

一方で、地理や道路状況に詳しくなれるというメリットもあります。
人を乗せるだけでなく、おすすめスポットや配送ルートのアドバイスなどにも活かせる知識が身につきます。

軽貨物とは違った意味でのやりがいを感じられる仕事。
人と接することが好きな人にはおすすめのドライバー職だと言えるでしょう。

下記の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

タクシードライバーは稼げる?年収・給料事情から働き方まで徹底解説!

大型トラックドライバー

先述のトラックドライバーをさらにステップアップさせたのが、大型トラックの運転手です。
トレーラーの牽引などさらに高度な運転技術が要求されますが、その分稼げる金額は段違いに大きくなります。

大型免許を取得すれば、ドライバーとしての活躍の場はぐっと広がるはず。
長距離輸送のエキスパートとして、高い報酬を得ることも十分可能でしょう。

重厚長大な大型トラックを操る醍醐味を味わいたいドライバー向けの仕事です。
「もっと腕に覚えのある仕事がしたい」という人にはうってつけの職種だと言えるでしょう。

下記の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

大型トラックドライバーの給料はいくらか?給料を上げるコツも併せて解説!

運送会社やメーカーの専属ドライバー

運送会社やメーカーに直接雇用されて働く専属ドライバーも、軽貨物とは違った魅力のある仕事です。
企業の正社員として雇用されるため、福利厚生などの待遇面で大きなメリットがあります。

また、配送ルートが固定されていることが多いため、地理への習熟度も上がりやすいのが特徴。
定期的に同じ店舗や顧客を訪問するため、コミュニケーションを通じた関係構築もしやすい環境だと言えます。

キャリアアップの道が社内でも用意されているのは、専属ドライバーの大きな魅力。
軽貨物の個人事業主とは違い、会社の中で着実にステップアップを目指せる点は見逃せません。

会社勤めの安定性とドライバーのやりがいを兼ね備えた仕事。
腰を据えて働きたい人におすすめのドライバー職だと言えるでしょう。

下記の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

【ルート配送】楽すぎる仕事?向き不向きや一日の流れを解説!

ドライバーとしてのキャリアステップ

まずは軽貨物ドライバーで経験を積む

ドライバーの仕事に就くなら、まずは軽貨物ドライバーからスタートするのがおすすめです。
他のドライバー職に比べて参入障壁が低く、未経験でもチャレンジしやすいのが大きな魅力。

軽貨物なら運転はもちろん、荷物の扱い方、伝票処理、接客など、ドライバーの基礎を幅広く学べます。
配達のコツを掴めば、すぐに戦力として活躍できるのも嬉しいポイントでしょう。

ドライバー志望の人にとって、軽貨物は「教育係」的な存在。
プロとしての心構えとスキルを身につける登竜門だと考えておきたいものです。

大型免許を取得してトラックドライバーを目指す

軽貨物ドライバーである程度経験を積んだら、次のステップとして大型免許の取得がおすすめです。
大型トラックを運転できる資格を手に入れれば、活躍の場はさらに広がります。

トラックドライバーになれば、長距離輸送などより高度な仕事にもチャレンジ可能。
それだけ稼げる金額も大きくなるので、ドライバーとしてのキャリアアップを目指すなら必須の資格だと言えるでしょう。

もちろん大型免許の取得には時間とコストがかかりますが、それ以上の見返りを得られる可能性は十分
軽貨物である程度経験を積んだら、免許取得に挑戦してみるのも一案だと覚えておきましょう。

長距離輸送や夜間配送などの専門スキルを身につける

トラックドライバーとして活躍の幅を広げるなら、専門性の高いスキルを身につけるのも重要です。
例えば、長距離輸送や夜間配送など、通常の配送とは違った難易度の高い仕事にチャレンジしてみる価値は大いにあります。

特殊な条件下での運転技術を習得すれば、ライバルとの差別化を図れるだけでなく、高い報酬を得るチャンスにも恵まれるでしょう。
経験を積んで専門スキルを身につけることが、ドライバーとしての市場価値を高めることにつながります。

また、輸送品の取り扱いに特化するのも一案。
例えば、危険物の運搬など専門性の高い仕事なら、それだけで大きなアドバンテージになります。

軽貨物で培った基礎スキルをベースに、他のドライバーにはない専門性を身につけること。
それが、ドライバー職で差をつけるための近道だと言えるでしょう。

事故事例研究や安全運転講習で知識と技術を高める

ドライバーにとって最大の使命は、安全運転を徹底すること。
それだけに事故防止のための知識と技術の習得は、キャリアアップに欠かせない要素だと言えます。

例えば事故事例研究では、過去の事故例を分析し、再発防止策を学ぶことができます。
他山の石としてドライバー人生に活かせる教訓も数多く得られるはずです。

一方、安全運転講習では、プロのインストラクターから直接指導を受けられるのが魅力。
運転の基本姿勢から応用テクニックまで、体系的にスキルアップを図れます。

会社が用意する研修はもちろん、自主的に外部の講習を受けるのもおすすめ。
ドライバーとして生涯学び続ける姿勢があれば、事故のリスクを大幅に減らせるでしょう。

最新の交通ルールやトラブル対処法など、常にアンテナを張って情報をキャッチすることも重要。
プロドライバーとして生き残るには、知識と技術のブラッシュアップを欠かせません。

運行管理や配車管理などの管理職を目指す

ドライバー人生の最終目標として設定したいのが、管理職へのキャリアアップです。
運行管理や配車管理など、物流の現場をマネジメントする立場に就くことで、経験を存分に活かせるはず。

ドライバー時代に培った知識とスキルをベースに、後進の指導・育成に力を注げるのは何よりの喜び。
安全運転の徹底や効率的な配車システムの構築など、物流品質向上に向けた取り組みにも携われるでしょう。

もちろん、管理職への道のりは決して平坦ではありません。
リーダーシップを発揮しつつ、組織の期待に応える成果を出すことが求められます。

ただ、ドライバーとしての第一線を退いた後も、業界の発展に貢献し続けられるやりがいは計り知れません。
現場の最前線から、マネジメントの要職へ。そんなキャリアパスを目指してみるのも良いかもしれません。

下記の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

運行管理者 給料 運行管理者の給料は?仕事内容や年収、未経験からの転職について解説!

まとめ

軽貨物ドライバーの仕事は、荷物単価の安さや経費の重さから、生活が苦しくなるリスクが確かに潜んでいます。
とはいえ、良質な案件を選び、効率重視の働き方を徹底すれば、それなりの収入は得られるはず。

むしろ軽貨物の仕事は、体力と知恵のあるドライバー向きだと言えるかもしれません。
コツを掴めば着実に稼げるうえ、ステップアップのチャンスにも事欠きません。

軽貨物以外にもドライバーの仕事は数多くあります。
バス運転手やトラック運転手など、他の選択肢にもしっかり目を向けてみることをおすすめします。

免許取得や専門スキルの習得を重ねることで、ドライバーとしてのキャリアは大きく花開くはず。
「ドライバー=生活できない」というイメージを覆すのは、他でもない自分自身なのです。

【転職を考えているドライバーの方へ】

こんなお悩みはありませんか?

  • 「年収を上げたい…」
  • 「ホワイトな職場に転職したい…」
  • 「未経験だけどドライバーになりたい…」

近年、日本ではドライバーの数が減少傾向にあるため、今の職場よりも良い給与や環境で働ける企業から内定を獲得できる可能性が高まっているのです。

今よりもいい会社で働きたい方は「運転ドットコム」で探してみませんか?

地域や職種、給与、エリア等のあなたのご希望をお聞かせください。あなたのキャリアを全力サポートします。

▼かんたん無料!▼
運転ドットコムで求人を探す
▼かんたん無料!▼
運転ドットコムで求人を探す